Report

事業報告

2021.11.17

同好会事業 ~共通の興味で広がるリンク作り~

リンク委員会事業報告

【事業名】同好会事業 ~共通の興味で広がるリンク作り~

【日時】令和3年10月26日(火)18:00~19:30

【開催方法】Zoomによるオンライン開催

【参加者】

JOC 会員(同好会 会長6名含む):合計 62名

 

皆様、こんにちは。

リンク委員会の青山悦大(壬生部会)です。

10月26日に開催しました『同好会事業 ~共通の興味で広がるリンク作り~』についてご報告いたします。

  • 第22期 須田代表幹事 ご挨拶

須田代表が京信JOCに入会間もないころ、先輩から半強制的に「サッカー同好会に入るように」とそれがきっかけとなり、たくさんの方々と知り合い、交流することができ、今に至っているという思い出を交え、同好会の存在意義についてお話いただきました。

  • リンク委員会 矢内委員長 趣旨説明

本事業の目的は、京信JOCに存在する同好会を会員の皆様に広く知っていただき、またその同好会への参画を促し、同好会活動の活性化、会員間の接触機会の増大とそこで広がる新たな交流、繋がり(リンク)を結うことです。

  • 各同好会からのプレゼンテーション

1)ヨガ同好会

2)アウトドア同好会

3)ボウリング同好会

4)サッカー同好会

5)テニス同会

6)ジョギング同好会

非常に凝ったプロモーションムービーをご用意いただいた同好会もあり、各同好会長さんから、活動内容や会の雰囲気、メンバー構成、直近の活動予定など、ご説明いただきました。

プロモーションムービーは勿論ですが、会長さんがお話しされる様子からもそのお人柄、その同好会の雰囲気なども大いに感じ取ることができたと思います。

各同好会に共通するのは「来るもの拒まず、歓迎します!」というスタンスが徹底されていることです。

ホームページの同好会はこちら↓

同好会

  • ブレイクアウトルーム

各ルームの様子

同好会ごとのルームを作り、その同好会に興味のある会員さんがルームに入室、より小さなグループに分かれることで、同好会会長さんと近い距離で、ザックバランな雰囲気の中、同好会について深く知っていただくことができ、同好会への参加意欲が一気に高まったのではないでしょうか。

 

  • 同好会との繋がり方

リンク委員会 山本副委員長 説明

下記2点を説明させて頂きました。

①同好会メンバーと繋がりたいと感じた会員さん向け

モバイル手帳の連絡先より会長へ直接コンタクト、もしくは部会長へご相談下さい。

②新しい同好会を立ち上げて色々な会員さんと繋がりたい会員さん向け

規定の書類・順序について、その他詳細について、部会長へご相談下さい。

→ 部会長へご相談頂いた場合、リンク委員が同好会との繋がりを結います!

 

  • 篠原副代表幹事(結びのご挨拶)

同好会活動は京信JOCにとって大切な活動。

人とのつながりを結ぶという大きな意義をもった活動であり、このコロナ禍においてもその存在意義を忘れることなく、活動のますますの活性化を願っております。

  • 事業を終えて

今回もZoomを使ったオンライン形式で開催しましたが、長期に渡る自粛生活により、「人は人に飢えている」そんな抑圧された欲求を強く感じる事業でした。

さらに言うと、オンラインでは埋まらない欲求があることも強く感じました。

「人は人の温度を感じたい」とでも云うのでしょうか。

日々の感染者数が大きく減少し続けるこの頃ですが、京信JOCという大きな組織では難しい交流の在り方も、より小さな単位で交流の図れる同好会事業の可能性、そして参加いただいた皆様からは同好会への要求を強く感じることができ、非常に有意義な事業であったと思います。

これからも繋がりを結うという大きなミッションを果たすべく、リンク委員会一同、頑張ってまいります!

青山 悦大(壬生部会)

※本記事は、各会員が、思い思いに書いておりますので、京信ジュニア・オーナー・クラブの正式見解ではありません。